NEWS

求人情報

【就職白書】就職状況を解説!22卒の採用は厳しくなる?!

【就職白書】就職状況を解説!22卒の採用は厳しくなる?!

コロナの影響を受け、就活生や企業にどのような変化があったのでしょうか?

今回はリクルートさんが出している「就職白書2021」を元に就活状況を解説しました!コロナの影響を受け、就活生や企業にどのような変化があったのでしょうか?

そして、22卒の新卒採用はどうなっていくのでしょうか?

〜去年2020年の就職率について〜

去年、コロナの中で就職率が7割ほどで就職率が悪いという話をしていたんですが、蓋を開けてみたら採用予定数を100とした時に実際96.8という内定率でした!

〜企業側のコロナ影響による採用について〜

87%の会社が影響があったという回答でした!面接などで学生に直接、会えないというのが去年も今年も続きましたね!ただ、96.8%の良い内定率が出ているのはコロナに慣れたという事もあるんでしょうね!
WEB面談などの十分準備が出来ている結果なのではないかと思います!

〜学生さんの就職活動におけるコロナ影響について〜

約6割が就職活動においてコロナの影響を受けたという数字が出ています!
もっと多いと思いましたが、先程の企業同様に先輩や就職課の先生など色々考えて対策を打てたし、学生さん自身も一生懸命に対策を打てた結果だと思います。

〜学生さんの生活におけるコロナの影響について〜

受けたもので一番大きものは「大学の授業・ゼミ」が80.1% ありました!
2番目が就職活動で61.5% 、3番目にアルバイトで55.4% でした。

〜学生さんが就職先の決め手になった項目〜

1位は「自ら成長が期待できる」、2位は「会社や業界の安定性がある」この項目は去年と比べて3.4ポイント増加した数字になっています!より安定性を求めている人が増えた結果ですね!3位は「福利厚生や手当が充実している」働きやすい環境を求めているということでしょうね!

良く言われる、「休みが欲しい」は意外と低くて第12位なんですね!、お金!「年収が高い」というのは第14位と低いのでお金じゃないのかな〜という結果でした。

〜建築業の安定性について〜

建築業も意外と安定していて、ある統計では100年以上続いている会社は日本には26,000社あってその中で2,000社以上は【建築業】と安定はしているんですね!
ただ、休みがないとか、残業が多いとかは言われていますけど、、、。

〜テレワークの調査について〜

「テレワークで働いてみたい・どちらかというと働いてみたい」が67.5%という数字も出ています!最初からテレワークで働きたいという意識も高くなってきています。逆にいうとテレワークを導入している会社に働きたいという意識も増えてきていますね!

〜就職白書2020のまとめ〜

2022年採用の見通しについては去年並みで採用基準は更に厳しくなるとは言われていますが、昨年は青電社に4人の新入社員が入社し、今年も同水準で採用したいと思っています!!

毎月新しい動画を更新中!
Youtubeチャンネル登録は、こちらへ